妊娠中に食べてはいけない食べ物は?もぎたて生スムージーは大丈夫?

妊娠中に食べないほうがいい ダメな食べ物

 

 

もぎたて生スムージーは妊娠中に飲んでも大丈夫です。


 

ですが、

 

妊娠中に食べてしまうと、好ましくない食べ物があります。

 


食べ(飲ま)ない方が良い、ものをランキングにしてみました。

妊娠中に、口に入れたらアウトなものランキング。ベスト10!

食べちゃダメな順に、ランキングにしてみました。
食べ(飲ま)ない方が良いもの 理由+許される範囲
アルコール

飲まないほうがいいです。
胎児の発達、成長に悪影響。
妊娠中飲まないほうがいい アルコール

生肉・ユッケなど

生肉系は食べないでください。

リステリア菌が、胎児に悪影響。

生卵や生魚も避け、加熱すること。
妊娠中食べないほうがいい 生肉 ユッケ

ナチュラルチーズ

ナチュラルチーズ系は食べないで下さい。
リステリア菌が、胎児に悪影響。
プロセスチーズは○加熱処理されているので。妊娠中食べないほうがいい ナチュラルチーズ

滋養強壮ドリンク

滋養強壮毛のドリンクも、飲まない方が良い。

アルコールや、カフェインが含まれている可能性がある。

妊娠中飲まないほうがいい 滋養強壮ドリンク

マグロやキンメダイなど(一部の魚)

自然界の水銀が、食物連鎖で蓄積。

水銀は、胎児の発育に悪影響。食べないのが無難。

詳しくは、厚生労働省の資料を。
妊娠中食べないほうがいい マグロ


※こちらは食べて大丈夫な魚です。キハダ・ビンナガ・メジマグロ・ツナ缶・サケ・アジ・サバ・イワシ・サンマ・タイ・ブリ・カツオ 妊娠中は、これらを食べるようにしましょう。

 

妊娠中に摂取しないほうが良いもの、6位以下です

 

摂取しないほうが良いものの、6位以下は次の通りです。

食べ(飲ま)ない方が良いもの 理由+許される範囲
コーヒー・お茶(カフェイン含むもの)

カフェインを含むものは、胎児の発育を阻害。
1日。コーヒーは1〜2杯。紅茶は2〜3杯。
緑茶は3〜4杯まで。麦茶はカフェインを含まないのでOK!
妊娠中飲まないほうがいい コーヒー(緑茶/紅茶)

うなぎ

うなぎは、ビタミンAを多く含みます。
ビタミンAを多く含むものは、妊娠初期に取りすぎると、
赤ちゃんの形態異常の可能性がある。
妊娠中食べないほうがいい ビタミンA

レバー

レバーは、ビタミンAを多く含みます。
ビタミンAを多く含むものは、妊娠初期に摂りすぎると、
赤ちゃんの形態異常の可能性がある。

妊娠中食べないほうがいい レバー
昆布・海藻類

海藻類は、ヨウ素を多く含みます。
ヨウ素は、摂りすぎると赤ちゃんの甲状腺機能が低下。

妊娠中食べないほうがいい 海藻

海藻類は、毎日は摂らないほうがいい。

ひじき

ひじきには、ヒ素を含みます。
ヒ素は、健康被害を起こす。
乾燥ひじき5g、週に2度ほどまで。

妊娠中に食べ(飲ま)ない方が良いものと、もぎたて生スムージーの原材料を見比べた結果っ!

もぎたて生スムージーの原材料名
ポリデキストロース(水溶性食物繊維)/還元麦芽糖/難消化デキストリン(水溶性食物繊維)/パパイヤエキス/ビルベリーエキス/食塩/グルコマンナン/植物発酵エキス(落花生・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・大豆・バナナ・もも・りんご・やまいもを含む)エルダーベリー果汁末/カシスエキス/カルシウム(天然水由来)/クランベリー果汁末/コラーゲンペプチド(ゼラチン含む)/ストロベリー果汁末/プランタゴオバタ末/マキベリー果汁末/ラズベリー果汁末/リンゴベリー果汁末/りんご果汁末/ローズヒップ末/殺菌乳酸菌末/増粘多糖類/酸味料/セルロース/甘味料(アステルパーム・フェニルアラニン化合物・スクラロース)/ビタミンC/クエン酸鉄ナトリウム/ビタミンE/香料/ナイアシン/スピルリナ色素/ベニコウジ色素/パントテン酸カルシウム/ビタミンB1/ビタミンA/ビタミンB6/ビタミンB2/葉酸/ビタミンD/ビタミンB12

上のランキングと、原材料を見比べた結果、

 

問題のある成分は、ビタミンAだけでした!
(※含まれているビタミンAは微量です。問題ありません。)

 

なので、

 

 

もぎたて生スムージーは、妊娠中に飲んでも大丈夫。

 

と言えます。

 

妊娠中がわかったのでで、今度は授乳中に食べないほうが良い食べ物です。

授乳中に、食べてはいけない食べ物は?もぎたて生スムージーは?

授乳中に、食べないほうが良い食品は何でしょう。

 

こちらもランキングにしてみました。

授乳中口にしないほうが良いもの。 説明+理由+対処法
アルコール

赤ちゃんが、3ヶ月すぎるまでは控える。

その後も、授乳中のお酒は控えめに。

カフェイン

コーヒーやお茶など、カフェインの入ったものも控えめに。
麦茶はカフェインがないので、飲んでもOK!

ファーストフード/加工品

塩分や油分が多く、血液の流れが悪くなる。

良い母乳を出すために、和食をおすすめします。

授乳中は、アルコールやカフェインの入った飲料は控えめに。

 

授乳中は、栄養バランスの良い食事を心がけてください。

 

母乳でカルシウムを使うため、ヨーグルトや牛乳を摂るようにしてください。
水分母乳で使われます。水分も、よく取るようにしてください。

以上の結果を総合して、

 

妊娠中や授乳中に、もぎたて生スムージーは飲んでも大丈夫です。

 

 

一つ、注意してほしいことがあります。

もぎたて生スムージを、1食置き換えダイエットとしては、利用しちゃだめ!

 

 

妊娠中は、もぎたて生スムージーを1食置き換えダイエットとしては、

 

利用しないでください。

 

栄養バランスを考え、

 

おやつの置き換えや、食べすぎの防止として使ってください。

 

妊娠中の過度のダイエットは、赤ちゃんにもよくありません。

 

妊娠のとき溜め込んだ脂肪は、母乳として使われます。

 

なので、1食置き換えなどの過度のダイエットはやめましょう!

 

妊娠後期の体重増加を防ぐために。

妊娠後期は、つわりの反動で食事がおいしく感じます。

 

お菓子を、ついつい食べすぎてしまう。

 

これ、妊娠後期あるあるです。

 

その時は、もぎたて生スムージーを食前に食べておくと、

 

ごはんが少なくても満足できます。

 

もぎたて生スムージーは、腹持ちがいいので、ご飯が少なくて済むんです。

 

 

妊娠後期の体重増加や、出産後のダイエットにもぎたて生スムージーはピッタリです。

 

↓コチラをクリックしてください

 

妊娠中や授乳中は、体を冷やさないほうが良いです。

 

冷たい生スムージーは、控えたほうが良いでしょう。

 

シリーズで、やさいとろける温スムージーがあります。

 

これならカラダを冷やさずに、利用できますね。

 

↓コチラもクリックして、確認してください


やさいとろける温スムージーは24kcalです。

 

では、

 

もぎたて生スムージーは、アレルギーの心配はないんでしょうか?

 

つぎは、アレルギーについて見て行きたいと思います。
 

もぎたて生スムージーは、アレルギーには大丈夫?原材料や成分、添加物はどうなっているの?


※画像はイメージです。

 

食物アレルギーを持ってる方には心配な、原材料です。

 

もぎたて生スムージーは、アレルギーは大丈夫なのでしょうか?

 

それって心配ですよね?

大人のアレルギーは、

 

花粉症と合併する場合が多く、

 

果物でも発症します。

心配な方は、

 

 

原材料をかかりつけ医に見せ、相談してみてください。

 

コチラが、

 

もぎたて生スムージーの原材料一覧です。
  1. ポリデキストロース(水溶性食物繊維)
  2. 還元麦芽糖
  3. 難消化デキストリン(水溶性食物繊維)
  4. パパイヤエキス
  5. ビルベリーエキス
  6. 食塩
  7. グルコマンナン
  8. 植物発酵エキス(落花生・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・大豆・バナナ・もも・りんご・やまいもを含む)
  9. エルダーベリー果汁末
  10. カシスエキス
  11. カルシウム(天然水由来)
  12. クランベリー果汁末
  13. コラーゲンペプチド(ゼラチン含む)
  14. ストロベリー果汁末
  15. プランタゴオバタ末
  16. マキベリー果汁末
  17. ラズベリー果汁末
  18. リンゴベリー果汁末
  19. りんご果汁末
  20. ローズヒップ末
  21. 殺菌乳酸菌末/増粘多糖類
  22. 酸味料
  23. セルロース
  24. 甘味料(アステルパーム・フェニルアラニン化合物・スクラロース)
  25. ビタミンC
  26. クエン酸鉄ナトリウム
  27. ビタミンE
  28. 香料
  29. ナイアシン
  30. スピルリナ色素
  31. ベニコウジ色素
  32. パントテン酸カルシウム
  33. ビタミンB1
  34. ビタミンA
  35. ビタミンB6
  36. ビタミンB2
  37. 葉酸
  38. ビタミンD
  39. ビタミンB12

大人のアレルギーは複雑です。

 

なので、

 

アレルギーが絶対ない食品というものが、存在するかも分かりません。

 

あくまで心配な方ですが、

 

かかりつけ医に相談してください。

 

つぎは、もぎたて生スムージーの全成分です。

 

もぎたて生スムージーの全成分は、こんな感じです!

 

もぎたて生スムージーの、原材料は分かりました。

 

では、

 

成分はどんな感じなのでしょうか?

 

もぎたて生スムージーの、成分はこんな感じです。

栄養成分表示
(本品6gあたり)

 

  • エネルギー  17キロカロリー
  • タンパク質  0.1g
  • 脂質     0.01g
  • 炭水化物   5.6g
  • −糖質   2.8g
  • ー食物繊維 2.8g
  • 食塩相当量  0.05g
  • ビタミンA   260〜570μg
  • ビタミンB1  0.5mg
  • ビタミンB2  0.53mg
  • ビタミンB5  0.6mg
  • ビタミンB12  1.1μg
  • ビタミンC   40mg
  • ビタミンD   2.7μg
  • ビタミンE   2.8mg
  • ナイアシン  4.96mg
  • パントテン酸 2.2mg
  • 葉酸   107μg
  • 鉄   2.3mg

 

という感じです。

 

ここで一つ。

 

イヤな噂を聞きました。

 

それは、もぎたて生スムージーを飲むと下痢になるという噂です。

 

これ、本当でしょうか?

 

もぎたて生スムージーで下痢になるか、確認してみました。

もぎたて生スムージーで、下痢をすることはあるの?

もぎたて生スムージーで、下痢をすることはあるんでしょうか?

 

いろいろ調べた結果、

 

下痢をすることがある事がわかりました。

 

え?

 

もぎたて生スムージーで下痢をしてしますの?

 

なにか悪いものが入っているということ?

実は、もぎたて生スムージーの酵水素が鍵になっています。

 

この酵水素は、腸を活性化させます。

 

 

活性化させすぎると、下痢をしてしまう人もいるんです。

 

と同時に、便秘が解消する人もいます。

 

 

:もぎたて生スムージーで下痢をする人は、確かにいます。

 

ただし、悪い成分が入っているわけではないので、安心してください。

 

それと、この場合も下痢に注意してください。

もぎたて生スムージーを、冷やして飲む場合は注意!

 

もぎたて生スムージーは、いろんな飲み方があります。

 

冷やして飲む場合もあるでしょう。

 

その場合、

 

 

おなかを冷やさないようにしましょう。

 

おなかを冷やしてしまうと、下痢をしてしまう可能性がありますので。

 

それだけは注意してください。

 

いかがでしょうか?

 

では、

 

このページの内容をまとめたいと思います。

 

まとめ

もぎたて生スムージーは安全なのでしょうか?

 

それでは、このページのまとめです。

もぎたて生スムージーは、

 

授乳中に飲んでも大丈夫。
妊娠中に飲んでも大丈夫。
過度のダイエットは避ける。
アレルギーが心配な方は、かかりつけ医に相談。
酵水素により下痢をする場合もある。
体を冷やしすぎに注意。

以上が、このページのまとめになります。

 

では、

 

最後にお買い得情報を。

もぎたて生スムージーのお買い得情報

もぎたて生スムージーのお買い得情報です。

 

もぎたて生スムージーは、通常価格の場合。


通常価格だと、

 

5900円+税

 

通常価格5900円+税で手に入ります。

これよりも、お安く手に入れる方法があります!

 

 

なんと、

 

1980円+税

 

1980円+税で手に入ります。

 

詳しくはコチラ>
↑クリックしてもぎたてスムージーをはじめてください。