何で香りは手首につけるのでしょう?

 

香りを手首につけるのは、

 

脈打っているところだから。

香りを手首につけるのは、脈打っているところだからです。

 

脈を打っているので、より香りが伝わりやすいとされています。

 

香りをつけるのは、手首か首ですね。

 

手首も首も、脈を見るときの場所でもあります。

 

なので、

 

手首に香りをつけるんですね。

 

手首や首というのは、服を着ていても露出しやすい場所でもあります。

 

手はよく使うので、香りもつけても取れてしまいますが、

 

手首はさほど剥がれ落ちません。

 

その点でも、香りをつけるなら手首がいいようです。

 

香りを手首につけるのは、脈打ってるところだから。